【受付状況】10枚以上、10㎠以上:年内営業27日まで予定

年内機材がいっぱいのため、着手は年明けになります。

 

Release: 2022/11/29 Update: 2022/11/29

コミティア142出張&営業レポート

こんにちは。sacom worksです。

今回は刺繍ワッペン製作事業と並行して行っている「漫画製作事業」とそれに伴う旅のお話です。

刺繍製品から生まれたキャラクターを漫画で動かすところから始めて8年ほどになりますが、「ラッキーキャッツルアーフィッシングスクール」を3冊、そしてラッキーキャッツのリメイク版として100ページ超えの同人誌「仲西ヘーイと ひよっこ釣りガール」を2冊発行。

今回はオリジナル漫画の即売会「コミティア142」で主に、出版社向けの営業をかける作戦でした。

コミティアは有名な「コミケ」と混同されたりしますが、既存作品の二次創作やコスプレが可能なコミケ(コミックマーケット)と違い、オリジナルのみ可、コスプレ禁止という硬派なイベントでもあります。

なので正直、売り上げはあまり期待できず、沖縄からの旅費もかさむので「営業行為」として割り切っての参加でもあります(汗)

いざ、イベントへ

そんなわけで前日に東京入りし、初日はどこかへ出歩くこともせずホテルで今回展開する作品や紹介を巣組して確認、近くのスーパーで購入した総菜と酒で乾杯し、早々に就寝。

当日は晴天で特段寒くもなく(東京の人はなぜあんなに厚着なのだろうか・・・電車内とかめちゃくちゃ暑い)、山手線とゆりかもめを乗り継いで、ユニコーンガンダムに見送られつつオタクの聖地へ入場。

今回は「少年漫画」ジャンルでの登録だったためか、周囲にはガチプロの方も多々おり、お隣さんも月刊誌で連載経験のある先生でした。

結果から言うとやはり売り上げを見込めるイベントではありませんでしたが、収穫がなかったわけではありません。

出張編集部

コミティアには「出張編集部」というイベントがあり、各出版社の漫画編集部の編集者に漫画を読んでいただき、アドバイスやスカウトを受けたりでます。

今回はブースの設営に思いのほか時間がかかってしまったので朝に1か所、イベント途中に1か所の計2か所のみ。すべて見てもらうのは大変なので、作中から「市場の大物を狙え」という、サメ釣りの話32ページを抜粋して挑みました。

1か所目

まず当たったのがS館の効いた事ある漫画雑誌編集部。

有名雑誌なので身構えていたのですが、編集者さんからは

  • へー!って思う知識がたくさん得られ面白く読めた。
  • 情報量が多いのにとても読みやすい。特に情景説明(背景)がしっかりしている。
  • 表紙の発色も綺麗、魚がすごい。
  • 仲西ヘーイの術が急に出てくるので迷ってしまった(シリーズものの抜粋なので仕方ないかな?)。

という講評をいただきました。なお、スタート直後で空いていたという理由で持ち込みさせていただいたという…ありがとうございました。

残念ながら当該編集部の出版物にはマッチしないので、釣り雑誌などに売り込んでみてはどうか?というアドバイスをいただきました。

2か所目

2か所目は他の物販イベントにも来てくださる友人のご紹介で、B社さんのブースへ。友人の友人が漫画編集者というコネ作戦です(笑)ちなみにこの編集者さんも釣りにまつわる漫画に関わったことがあるそうで期待が持てました。内容としては

  • 漫画の勉強はどこでやったのか?構成(ネーム)については普通はここまで描けない。たとえば文字の量などが適切と感じるなど。また、プロとしての経験はあるか?
  • ジャケット買いする人もいるので、キャラクターを今風に寄せる必要がある(=絵が古い)。見せゴマはもっと欲しい。
  • 1か月に32ページのネームを描けるなら、ライトノベルなどのコミカライズ(漫画化)のネームを依頼したいところ。

という講評でした。

プロとしての経験は?という質問については、釣りの話だと思い「遊漁船業の経験があるので一応プロとはいえると思います」と答えてしまい「そこじゃなくてw」という珍問答もありました(笑)

ネーム作成については単価も提示されそのままお仕事になりそうな雰囲気でしたが、刺繍の仕事を放置してやる内容ではないかなと感じたのと、何よりも「小説(文字のみの作品)を読みきれない。特に創作系は…」という致命的な問題があるので、ありがたいではあるけれども、お断りさせていただくこととなりました。

今回出張の成果

「ネーム(構成)についてはイケている」という優位性と「キャラクターのアップデート」という課題がきちんと見える化できたので、思いのほか大きな収穫があったと思います。といっても前々からの課題ではあったので、ネームに関してはクリアできているのかもしれないという話なのですが。

キャラデザに関して「どうせ描けないし、流行を追ってても古くなるのだから」と思い続けて至るのですが、これを機にきちんと向き合いたいなと思う次第です。

ちなみにイラストレーター志望の子供(受験生)も毎日のようにイラストを描いていますが、既に私よりも上手くて今風の絵だと思うので、キャラデザを手伝ってもらおうと考えてます(連載取れたらアシスタントも頼もう)。

そんなわけでコミティア142は終わりましたが、営業活動としては良い場なので2月も参加しようか検討中です。

イベント後は同じく釣りの漫画で挑戦されているフォロワーさんと飲みに行き、翌日は明け方から秋葉原の街や神田明神に行ってみたり、人気ぬいぐるみの「かえるのピクルス」の聖地でもある亀戸に行ったり、上野公園で紅葉を見たりしながら帰路へ。

沖縄には目立った紅葉がないですからね・・・

亀戸天神は学業の神様ということなので、来年受験の子供の合格祈願をさせていただきました。

そんなわけで刺繍製品共々、漫画の連載獲得に向けて応援いただけますと幸いです。

おまけ。亀戸天神の池に懐かしい魚がいました。