【受付状況】4/8~当面30枚以上から受付です。
単品の受付は4月いっぱい休止となります。
メール返信作業が混乱気味のため、連絡ない方はお手数ですが098-851-7747あてご一報ください。

Release: 2020/03/25 Update: 2020/03/25

【近況】最近の製作やコロナウイルスの影響などなど

こんにちは。sacom worksです。

沖縄はもうすぐ蒸し暑い季節を迎えます。今一番ちょうどよい気候かなと思います。

さて、世界中で猛威を振るっております新型コロナウイルスのお話…

地元の会社(古くからのサバゲー仲間)からご依頼があり、モソニャソ生産者のオカンはマスク生産も手掛けることになりましたが、マスクの材料に必要なゴムも品薄状態とのことで、問屋さんや小売店でも数量制限がかかっているという…材料調達どうしよう。

刺繍製品については、おかげさまで年末からフル稼働状態が続いており、私も製造に入ることが多くあります。メールに手がまわらないという事態になっております。申し訳ありません。

本日3月25日より、新規図案20枚以上の制限を設けさせていただきますので、ご了承いただけますと幸いです(既存データについては枚数制限はありません)。落ち着き次第、10枚以上に引き下げさせていただきます。

【最近の作例:今年もAASAMパッチを複数。しかし…】

さて、最近製作している刺繍ワッペンについては色々紹介させていただきたい作例があるのですが、今年もオーストラリアで開催予定だったAASAMの陸上自衛隊代表のワッペンをいくつか担当させていただきました。

上記図案は新規のもので、線が細い箇所が多いためサイズは10cm幅となっています。

こちらは例年ご依頼いただいておりますが、使いやすいサイズの75mm幅も製作させていただきました。

上記は他業者様で製作されていたものですが、sacom worksの立体銃器刺繍を取り入れて製作させていただきました。他のチームからも「再現性がすごい。 sacom worksに頼めばよかった」と、ありがたい声をいただいたとのことです。

残念ながら、コロナウイルスの影響でオーストラリアが海外からの入国禁止措置となり、AASAM国際大会も中止という判断がなされてしまいました…

参加予定だった隊員さんも本当に残念だと思います…。私もAASAMのフェイスブックページを見るのが楽しみだっただけに、とても残念な結果となってしまいました…。

選抜された隊員の皆様、また来年のご活躍期待しております!

【私が言うほどのことでもないかもですが】

新型コロナウイルスに対して今できることは、うがい手洗い、体調管理をしっかりすることと、並行して経済をまわすことにあると思います。

sacom worksが所在する沖縄県も、観光産業(宿泊業やレンタカー)を中心に打撃を受けており、昨今はレンタカー会社が倒産するなど暗いニュースもありました。

近所でもホテルの建設ラッシュですが、果たしてこのまま開業しても持つのか。沖縄県内各地の建設ラッシュや不動産バブルもとうとうはじけてしまうのではないか。危機感があります。

あまりにもインバウンド(外国人観光客)に傾倒しすぎ、リスク分散ができていなかった弊害だと分析していますが、「ピンチはチャンス」という言葉もあります。

今回の新型コロナウイルス騒動、マスク生産など生命にかかわる物品を含む内需や国内旅行客の重要性の見直し、今後新しい産業が生まれたりするきっかけにもなると思います。

【リスク分散も込めて】

sacom worksも現在、リスク分散の意味も込めて、刺繍の仕事以外に漫画執筆の作業を行っています。刺繍ワッペンにもなっている「ラッキーキャッツルアーフィッシングスクールのほか、地元の漫画家さんからの声かけがあり、コラボで出版社持ち込み用の作品を手掛けているのです。

声掛けいただいた漫画家さんがメインの作画を担当。sacom worksが原作原案と、専門要素の強い箇所のアドバイザー兼作画、背景などのアシスタントを担当させていただいております。

1人で原稿を描くのは大変ですが、2人で得意不得意を補いながら描くことで、3名分くらいの力が発揮できそうです。

新型コロナウイルス騒動が落ち着き、5月のコミティアが無事開催され各出版社の出張編集部に持ち込みができる事を願っております。

うまく連載まで持ち込めて、当面の目標であるアニメ製作までこぎつける事ができれば、沖縄における一つの産業を生み出す原動力になるのではないか。無謀に見える大きな夢ではありますが、行動しなければ単なる妄想に終わります。

必ず達成します。

【夢を持つこと。中二病であれ】

ちなみに、新年度に中学校入学式の挨拶を頼まれました。「おおいに中二病であれ」という話をしたいと考えています。反抗期に入り、夢と現実の区別がつかない時期=中学2年生くらい、という意味で理解していますが、一方で大人になるにつれて、現実を受け入れざるをえなくなります。

一方で、現実の話ばかりで夢を語れる大人がほんと少ない。

夢を持つことは、仕事や経済などにおいても、大変重要なことだと思うんですね。現実を踏まえつつ、どう夢に近づいて達成するか。これが重要だと思うのです。

たとえば20年前にスマホなんて想像できましたか?夢をもって取り組んだ人たちがいたから、今当たり前になっているはずです。ものづくりの原点だと思うのです。

東京オリンピックも延期となる見込みとのことで、諦めていた高精度刺繍日の丸ワッペンも売り込みできればいいな…



特定商取引法に関する表示