パッチ・ワッペン用ベース生地について

刺繍パッチに用いる生地については、主に2種類に限定しています。

・ツイル(サージなど)

・エンブクロス

 

【ツイル生地】

綾織。ナナメに折り目が入っているのが特徴で、平滑なため刺繍の発色が良いという利点があります。エンブクロスよりもゴージャス感に欠けますが、刺繍の模様がよく出るので、基本的にツイル生地を推奨しています。

特にサージと呼ばれる学生服などに用いられる素材が刺繍の発色が良いです。

 

【エンブクロス】

エンブロイダリー(刺繍)っぽいクロス(生地)です。

タタミ縫いというベタ縫いのような風合いの生地です。

全部刺繍した風に見せたい場合にエンブクロスを用いると、コストダウンしつつゴージャス感が出ます。しかしながら凹凸が多いので、ツイル生地よりも刺繍が崩れやすい傾向があります。

テカリが強いです。

 

【生地の色数について】

白、黒、赤、青、黄、緑色、ピンクなど基本色のみです。

オレンジについては濃いもの(マンダリン)と標準的なオレンジがあります。

ベース色については難しい色を選ばず、シンプルにデザインしたほうが良いです。

デザインの方法については、こちらのページを参照ください。

漫画でわかるパッチ・ワッペンデザイン術(2018バージョン)

 

【ミリタリーカラー】

sacomworksではミリタリーカラーの生地を厳選して使用しています。

・ツイル(サージ)OD 民製品刺繍用

陸上自衛隊のネーム用に開発された生地です。刺繍パッチのベースとしても良いです。ODに少し灰色掛かっています(フォリッジグリーン寄り)

・グレー 民製品刺繍用

航空自衛隊デジタル迷彩のネーム用に開発された生地です。濃さがちょうどよく、黒い刺繍糸との相性が良いです。

・カーキ(TANカラー)民生品

こちらはツイルではありますがサージではなく、ポリエステルと綿の混合になっています。また、サージとは逆方向の織りになっています。デザート系については調達できる色数が少ないので、推奨できるものはこの生地のみとなっています。

 

【迷彩生地について】

その他迷彩生地で製作できる場合がありますが、問屋さんの在庫切れなどで無くなる場合もありますので、予めご了承ください。

・マルチカム(トロピックなどの新型は取り扱いありません)

・陸自迷彩PX品

・空自迷彩PX品※在庫・取り扱いなし

・ペンコット

・MARPAT(ウッド・デザート)

※刺繍の込み合ったデザインでは迷彩が埋もれてしまいます。

投稿日:

Copyright© 高精度パッチ・ワッペン製作sacom works(さこむわーくす) , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.