パッチ・ワッペン用ベース生地について

刺繍パッチに用いる生地については、主に2種類に限定しています。

・ツイル(ポリエステル・コットン)

・エンブクロス

【ツイル生地】

綾織。ナナメに折り目が入っているのが特徴で、平滑なため刺繍の発色が良いという利点があります。エンブクロスよりもゴージャス感に欠けますが、刺繍の模様がよく出るので、基本的にツイル生地を推奨しています。

特にサージと呼ばれる学生服などに用いられる素材が刺繍の発色が良いです。

【エンブクロス】

エンブロイダリー(刺繍)っぽいクロス(生地)です。

タタミ縫いというベタ縫いのような風合いの生地です。

全部刺繍した風に見せたい場合にエンブクロスを用いると、コストダウンしつつゴージャス感が出ます。しかしながら凹凸が多いので、ツイル生地よりも刺繍が崩れやすい傾向があります。

テカリが強いです。

それぞれの特性についてはコラムを参照ください。

【生地の色数について】

白、黒、赤、青、黄、緑色、ピンクなど基本色のみです。

オレンジについては濃いもの(マンダリン)と標準的なオレンジがあります。

ベース色については難しい色を選ばず、シンプルにデザインしたほうが良いです。

デザインの方法については、こちらのページを参照ください。

【パッチ・ワッペン仕様情報】


特定商取引法に関する表示