自衛隊関連パッチ

sacom worksでは、自衛隊各隊よりパッチの製作を受注しております。

なお、運用の都合、ごく一部のパッチのみを紹介しております。

また、一般販売は注釈があるもの以外行っていませんので、予めご了承ください(マニアの方のお問い合わせにも対応しかねます)

 

【AASAMパッチ各種】

仕様:7~9cm ベルクロ付き 2重ツイルヒートカット

オーストラリアで開催される射撃競技大会AASAMの陸上自衛隊チームより、使用されているパッチの一部をご依頼いただいています。

2018年は狙撃チームが優勝。隊員さんがsacomworks製のM24パッチを着用されている様子がAASAM公式ページや陸上自衛隊FBページで紹介されています。

通販で販売していた銃器系パッチのクオリティが高いということで、AASAM仕様でのご依頼をいただきました。

こちらのパッチの一部は広報目的にとのご好意で販売させていただいています。

AASAM2018 スナイパー競技で陸自チームが優勝!

 

 

【第101不発弾処理隊パッチ】

直径7cm ヒートカット(黒ツイル生地ベース) ベルクロ付き

激しい地上戦のあった沖縄においては今でも不発弾が発見されます。

工事関係者などはお世話になることも多いと思います。

陸上部分で発見された不発弾を安全に処理しているのが、那覇駐屯地の第101不発弾処理隊の皆さんです。出動のさいにパッチを着用されているとのことで嬉しいです。

ちなみに余談ですが、工事での掘削作業の前に専門業者による「不発弾探査」が行われ、発見された場合は警察→警察が処理できない砲弾や爆弾などを第101不発弾に引き継ぎ、安全に処理されています。

 

【総合火力演習/87式高射砲パッチ】

87式自走高射砲を運用されている隊員さんからご依頼いただいたパッチ。

こちらは刺繍のルールに基づかない形でのデザインでしたが、なんとなく出来そうな感じだったのでチャレンジ。写真からデータを起こすということに挑戦しています。(通常は行っていませんので、原画の用意をお願いいたします)

一般的には不向きなグラデーションですが、赤富士にかかる朝焼けの雲のように再現できました。通常このような基準外のパッチは製作していませんが、上手くできた特殊パターンとして紹介させていただきました。

パッチのデザインに関する基準についてはこちらの漫画をどうぞ。ブラウザ、PDF、EPUBなどでご覧いただけます。

画像は耐久テストでしばらく使ったもののため、外周に若干のホツレがあります。

 

 

【護衛艦かがパッチ】

護衛艦かが就航にあわせて、海上自衛隊が応募、民間の方の図案がエンブレムとして採用されました。加賀友禅をイメージさせる美しいデザインです。

色については原色のカラーとODサブデュード、海上自衛隊デジタル迷彩カラーの3色があります。パッチは艦艇での見学会のほか、制服のフジ様(許可済み)にて取り扱っておりますので、欲しい方はそちらで入手してください。(sacom worksで直接販売は行っていません。)

 

エンブレムが公表されたさい、「これは刺繍できるのか・・・」と思った、きわどい図案でもありました。担当セクションに問い合わせしたうえで、なんとか試作品が作成。試作品が気に入られて、このまま採用となりました(笑)

実は実用サイズ(10cm以下)でこの図案を完全再現するのは至難の業で、刺繍の基準からすると基準値を切っている図案でもあります。普通の刺繍業者では縫うのが難しいと思います

艦艇で使用されていない非公式品がかなり出回りましたが、葉脈が刺繍で再現されていることや、文字サイズが大きくなっているなどで見分けることができます。

パッチを高額で売買するケースが見受けられますが、かがパッチについては必要分を供給しておりますので、このような高額の転売を利用しないようにしてください。

 

【その他作品について】

その他の作品は旧サイトにも掲載しておりますので、こちらからどうぞ。

http://www.geocities.jp/sacomworks/oriwapsakuhin.htm

 

【パッチのご依頼/図案の作成について】

詳細はこちらのページをご覧ください。

漫画でわかるパッチ・ワッペンデザイン術(2018バージョン)

投稿日:

Copyright© 高精度パッチ・ワッペン製作sacom works(さこむわーくす) , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.